ゆでカエル世代の日記

1957~66年の間に生まれた世代です。

図書館戦線!異常あり。忍耐・忍耐の図書館です

 図書館通いもどうやら様になってきたようだ。ワタシがせっせせっせと通っている図書館は町外れのちんまりした小規模図書館。だから、仁義なき争奪戦のスポーツ紙は種類は少ない。2種類しかないのだ。週刊誌も同じで、出版社系週刊誌は週刊新潮週刊文春のみである。だから、平和なのだが、この頃、不逞の輩が来襲すると、急に緊迫感が図書館内に走る。

 まず、侵入者A。女性で年配者。この女性、週刊誌発売日、午後から来襲する。閲覧室でまず、サンダル(絶対に靴は履いてこないのだ)を脱いで、準、胡坐態勢になり、今日発売週刊誌を手にする。ない時は図書館員を呼びつけて、来ていないと文句を言う。手の感触を求めているのだろう、週刊誌のカバー(図書館がわざわざつけてあるビニールカバー)を取り外して、じっくりと1ページ、1ページめくり、読む。出版社系週刊誌しか読まない。新聞社系週刊誌(週刊朝日サンデー毎日)はシカトする。

 次に侵入者B。男性で年配者。この男性。ケミカルサンダルのこの人も胡坐態勢になる。野球帽をあみだに被り、まず、老眼鏡を胸ポケットから取り出して、親指と人差し指を舌につけて、唾液たっぷりで週刊誌をめくる。たまに、読んでいて興奮するのだろう、うっ、うっとなんとも表現のしようもない言葉を発するのだ。

 最後に侵入者C。男性で年配者。この人も老眼鏡を取り出す。この御仁はスポーツ紙、一般紙、そして、週刊誌をまとめて、抱きかかえて閲覧室で読む。一人、一誌または一紙と閲覧室に書かれてある注意書きなどは無視。たまに、喉がむせるのだろう、紙粉を舞い上がらせて、ティッシュを取り出して、痰をペッと音を立てて排出するのだ。隣に運悪く座った人は嫌な顔をするが、これも無視。

 侵入者Cは常連図書館通い者で、いつもの席の位置で、ぶつぶつと 読むものがない とボヤキながら座るのが恒例行事だ。長時間、座っているからか、カーテンを勝手に閉める。勿論、常連だから、周りは文句を言わせない。

 争奪戦の他にこのように癖のある御仁も通っているのだから、図書館は心静かに読書空間を楽しむなんてもっての外。怒号はこの頃、なくなったが、フラストレーションは溜まるばかりであるから、本を読みたい時は借りて家に帰って読むしかない。しかし、新聞・週刊誌は持ち出せないから、我慢して読むしかないんだよな!

 図書館員のみなさん、ご苦労様です。

 どうやら中央図書館から流れ流れて、不逞の輩もワタシと同じように小規模図書館へとやって来るようになってしまった。

では、また・・