読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆでカエル世代の日記

1957~66年の間に生まれた世代です。

カッパバッチはどこに行ってしまったか

 東京都のシンボルマークというのかわからないけど、カッパのバッチがあったが、今はもう発売をしていないと言う。カッパのバッチを付けて、10月1日、都民の日、都営の施設に入ると無料だった。ワタシは一度だけバッチをつけて、ただで入った。たぶん動物園だと記憶する。あのカッパバッチ騒ぎは何だったのだろうか。小坊の頃は黄色い小学生の帽子につけていた。年1回のためにそのようなことをしていたのだ。今年、10月1日カッパバッチを胸高々つけて、上野動物園に行ってもどうなるのか興味があるが、肝心のカッパバッチがもう無くしてしまった。残念なことをしたと今思っている。

            ☆           ☆

 カッパは存在するのだろうか。本物のカッパを見たことはない。もし、見かけたら、キュウリを食べているか聴いてみたい。果たして、カッパは言葉が話せるのか。でも、人の言葉は理解できると思う。最低、カッパは日本語を理解できるのだろう。日本以外にも、存在しているのか。

            ☆           ☆

 カッパは魚類か哺乳類かわからない。人間以外で何の動物は楽に生きられるかとふと考えた。人間に食べられる哺乳類は勘弁して欲しい。散々、餌を食べさせられて、はい、ご馳走になりましょう と解体されては困る。牛、豚系はいただけない。

 ワタシはインテリに憧れる。インテリぽい動物って何だろうか。頭がよさそうな動物?キツネは頭が良さそうだが、ずる賢い感じでダーティな動物のイメージがあるのでパスする。

 犬もいいが、夏の日、舌をだらりと垂らしたワンちゃんを見てしまうとこれもちょっとなと思ってしまう。ネコ、うーん、賢いというよりも、わがままな動物である。何かないかとネット検索すると、イルカが引っ掛かったが、このイルカって理屈ぽい感じがする。このイルカ、ニュースを見ると、陸に上がってしまい、混乱しているイルカの光景を焼き付いている。理屈をこねすぎて変な行動をしてしまうなんてことを考えてしまい、これもパス。

 そうだ、無口なインテリとして、フクロウなんてどうだろうか。学問の象徴なんていいイメージがある。

 決まった。頭が良さそうな動物、インテリに見えるのはフクロウ。ワタシはフクロウが大好きだ。

            ☆           ☆

 フクロウを動物園でじっと見たことはあったのかどうかわからない。テレビからの情報だとフクロウカフェがあると言う。ここへ行こうか。でも、猛禽類だからね。ちょっと怖い。動物園の檻から見ているのが安全である。そうだ、上野動物園に行って見てこよう。タダで行きたいけど、ああ、カッパバッチはない。

では、また・・