ゆでカエル世代の日記

1957~66年の間に生まれた世代です。

学校

交通部っていったい何だったの?

前回、校内信号機について書いたが、すっかり忘れていたことが思い出してきた。年を取ると、こういうことってあるんだよね。ガキの頃はジイサン達って昔の事はよーく思い出して、今の出来事は覚えられないなんて冷笑していたが、ジジイになるとそれがよーく…

小学校の全校朝礼の日(毎週月曜日・雨天中止)

小坊時代、月曜日の朝、校庭に集まって、全校朝礼として、きちんと整列をする。 (前へならえ。列の先頭は腰に手を当たる。この姿勢、ヨーロッパのオバチャンがよくやる姿勢で、なにをやっているの って感じで、イラツキ感に溢れる雰囲気を持たせる姿勢だ。…

小坊の頃って台風襲来って心ドキドキするんだよね!

小坊時代、台風襲来となると、集団下校でご帰宅となるのだか、どうだろうか、こういう経験は二回位しかなかった。一度目は、ワタシは集団登校未経験者だったから、そのことを知って、センセイは驚いて、まず、どこの班に所属させるかで頭を抱えてしまった。…

コークスストーブの時間ですよ!

小坊の時、寒くなってくるといよいよコークスストーブの出番となってくる。うっすらとした記憶だと、だいたい週の頭、月曜日に準備がされている。(ストーブの設置は勿論、業者があっていた)ストーブ当番は小坊の頃、ストーブ係がやり、中坊では日直が担当…

ガキの頃の川沿いを歩いてみたけど・・

ガキの頃に住んでいた所に前回に懲りずに、センチメンタルな気分に浸りたくて、またまた行ってみた。前回の経験を生かして、今度はちゃんとターゲットを絞って、小坊の頃によく行っていた川に沿い、てくてくと歩いてみた。グーグル検索などで、テキトーに頭…

学芸会だよ。文化系小坊、集まれ!パートⅡ

泣きつかれた担任のセンセイが困ったこと、困ったこと。一応、担任のセンセイは専門分野が算数で、理科実験には詳しくなく、担任のセンセイは隣のクラスの担任のセンセイ(女教師)に泣きついた。そのセンセイは理科が専門分野で、実験が大好きで、そのクラ…

学芸会だよ。文化系小坊、集まれ!パートⅠ

運動会シーズンが終わると、今度は芸術の秋だ、とばかりに学芸会がやって来る。小坊の6年生の頃、今年は学芸会開催となり、6年生にもなると自分のパフォーマンスにも自信があり、持論も一人前である。学芸会でどこで自己アピールしなければなんて、勝手に…

小学校の運動会、そういえばシーズンだよね!

秋の学校行事のメイン・イベントは秋の大運動会(春の小運動会ってのも、小3頃まであった。それは父兄見学もなく、平日行事であった)。小坊たちが紅白に分かれて、総合点数を競う。 まずはオープニング、選手入場。小坊、全員、校庭で行進をする。列を作り…

運動会の次は学芸会。運動オンチが活躍しなければ・・

秋の行事はまず、運動会 秋の小学校行事の運動会は運動オンチにとって、苦痛でしかならない。また、運動オンチにはやってくる体育の授業の時間は暗くし、体操着に着替える時かにもう、暗澹たる気持ちになる。体育会系小坊にとって、体育の授業は頭でっかちの…

エヴリシング・フロウズ 津村 記久子 著  文春文庫 を読んで

今週のお題「読書の秋」 この本を読んで、中学3年生の頃を思い出す。 今から、うん十年前の話になる。中3になると、避けて通れないのは、先の進路だ。どこの高校へ行くのか、悩むのだが、将来を考えてなんて、と深い考えは全くなく、目の前のことでしか頭…

小坊の頃の家庭科のセンセイって・・オバアチャンに見えたよ

秋の展示会の家庭科部門の提出作品は、ワタシとしてはっきり言って、これって何なんだ、と思うようなことを出した。裁縫道具(男はブルーの箱、女はピンクの箱を買わされた)用の袋の製作だった。製作と言っても、袋を作るわけでなく、袋の表・裏をアップリ…

図工のセンセイってなんか小学校の世界から離れていたな!

芸術の秋になったぞ!小学校の行事としては 芸術の秋の季節になった。小学校の秋の催し物と言えば、運動会と一年交替で開催する学芸会と展覧会がある。学芸会は芝居、歌などをやって、お客を喜ばせる。展覧会は図工、家庭科の授業の作品を照れずに見せるので…

ミュージック・ブレス・ユー!! 角川文庫/津村記久子 を読んで

こんなことを思い出した 高校3年生の頃、年開けには大学入試が待っていた。3年生になった頃には理系、文系に決めなければならない。迷いはなかったが、もう戻れないと諦めの感じがあった。理系に突っ走ったが、後悔はないと言うわけではなく、時間があった…

不倫ってまわりは被害甚大、迷惑だよ!

不倫、不倫って騒いでいるが、実際に不倫している人と遭遇したことについて、書いてみたい。 見境なく、異性の若者が大好き女性 学生の頃、年上で妙齢の女性がいて、これが若いツバメを凋落することが生き甲斐を感じてしまった、これは病気と言っていいお方…

高校の時はこの8月31日、とてもキツク、そして、辛かったなあ!

明日から学校だ 8月31日。今日は夏休み、最後の日。小坊の頃はまた、明日から学校が始まるのかと漠然な嫌なー気持ちになるだけで、ああ、面倒だ、と家でテレビを横になっていた。一番、夏休みで憂鬱になったのは、高校生で、宿題の量が並ではない。各学科…

ワタシのチーム(野球)に入って、活躍しませんか?

高校野球はもう終わってしまった。この頃はあまり見なくなったけど、一番好きなスポーツは野球だ。子供の頃から好きなスポーツは野球だった。好きなものはうまくなると思ったら、これが大間違いで、好きなではあるけど、うまくはない。運動神経と言うものは…

そう言えば、夏休みの間、登校日ってあったよね 夏休みの宿題はまだ終わっていない!

登校日、当日 小坊の頃、夏休みの間、一日だけ、登校日があって、毎日、家にいたので、カアチャンが登校日には学校へ行かなければならないと言われて、6年間、一度も休まずに、登校日には学校へ行った。ダチは親の帰省で登校しなく、毎年、一人だけ取り残さ…

ああ、読書感想文ってそう簡単ではないさ!

国語の王道の作文と言えば、読書感想文です 小坊の綴り方教室としては醍醐味は読書感想文であろう。読書嫌いな小坊でさえも、本を読まなくてはいけない。でも、ワタシが小坊の頃は、読書感想文について、小坊向けの読書感想文についてのうんちく本って見当た…

日記は夏休み課題No1です。苦労したなあ。でも、人の日記は面白い

夏休みの課題、小坊の高学年必修と言えば日記である。絵日記ですっかり懲りているワタシだが、学習効果もなく、また同じ事を繰り返してしまう。カアチャンに日記帳を前にして、書くことがないよう、と叫ぶ。カアチャンは まったく、絵日記の時と同じだよ。頭…

ああ、夏休みの日記って奴は。絵日記編

どっか出掛けないと絵日記書けないよ 夏休みの宿題には自由研究の他にひと山、ふた山と越さなければならないものと言えば、日記だろう。低学年の小坊は絵日記、高学年は、ただの普通の日記である。低学年の頃は日記を書くとなると非日常の出来事に遭遇しなけ…

ああ、夏休みの自由研究!

夏休み、まだ宿題のことについては考えていないよ 来週になったら、もう8月になってしまう。小坊の頃はこの時期はまだ余裕がある。夏休みの宿題なんてまだまだ考えなくてもいいなんて思っていた。ところがお盆を過ぎたころからおしりがもぞもぞし、これはま…

恐怖の水泳教室、夏休みはこれで潰される。

夏休みを迎える終業式の時、センセーから一枚のプリント(わら半紙)を受け取る。夏休みの恐怖の水泳教室のお知らせである。夏休みの初日から水泳教室はあった。低学年だと、午前中、高学年だと午後イチ、1時から開始であった。着替える所は男子は体育館で…

夏休みの小学生時代、学校主催の水泳教室が毎日あった(日曜日除いて)!

水泳教室が始まった もうそろそろ、小坊達も夏休みになる。そういえば、ワタシが小坊の時、夏休みは学校のプールで水泳教室があり、カーチャンはワタシが家にいるのが、目障りなのか、毎日、水泳教室に行かせる。朝から水着とバスタオルを用意され、昼食を取…

恐怖の体育教師 略して 体教 。恐ろしい!

高校野球中継を見ていて 高校野球を見ていて、思い出した。高校野球を見ていて、自分より年上の人が映っている状態から、同年配、年下になるのが当然のように高校時代に経験する。汗を掻きながら、お兄さん、頑張っているな って感じていたら、気がつくと、…

教科書ガイド、教師用指導書について

教科書ガイドについて 中坊(中学生)になると次は義務教育でなく、高校で、高校に入るためには選別テストがある。高校受験なのだ。だから、小坊の頃、イマテチ成績が芳しくないので、カーチャンが中坊になったら、学業に対してうるさくなった。成績不振には…

小坊6年生 修学旅行と云えば・・・日光でしょ!

6年生になったら、積み立ての修学旅行代も貯まり、では、行くべえとなり、行く先は日光だった。南関東では日光は小学生のお泊まり教室の最終到達点で、修学旅行としてはまあまあ常套な所である。PTAからも文句は言われない。北関東の小学校では箱根まで…

この季節、遠足。山といえば高尾山だよね

高尾山は小学校遠足の王道です 春は遠足。その春の中、一番、遠足で忙しい頃は今である。遠足で十八番、王道と言えば(関東地方、詳しくは東京・およびその周辺県)高尾山の名前が絶対に出る。山、関連の遠足へGOサインが出れば、行くところは高尾山しか頭…

小学生の頃って運動神経抜群だけでヒーローになれた

運動会の続きとして、 小坊の中で人気の小坊、影響力のある小坊は運動神経抜群の彼らだ。彼らは何をやってもクラスで五本の指に入る。走る、飛ぶ、投げるなど運動神経抜群を見せつける。運動会ではヒーローとなり、栄光の小学校生活を送られる。しかし、運動…

運動会、泣きながら行進列を追い掛ける。

今の季節、小坊達が平日に市民館、図書館などで遊んでいる。館員が小坊に尋ねると、運動会の休みだと言う。今は10月よりも運動会が開かれている。そういえば昨日も近くの小学校で運動会があった。運動会は行事分散のために5月開催だと言う。確かに、秋に…

いゃー豪快だなあ!

男は小坊の心をいくつになっても持っている 男っていつまてたっても、小坊の気持ちは忘れない。小坊といえば「うんこ・ちんこ」が大好きなのだ。ワタシも大好き。うんこ話になる食事中でも一度エンジンが掛かるともう止まらない。家族の顰蹙も顧みず、得意にな…