ゆでカエル世代の日記

1957~66年の間に生まれた世代です。

もう、ウォシュレット依存症です

 生まれた時は水洗トイレの和式だった。都落ちをして、くみ取りトイレになってしまった。清掃業者が来るときは田舎の香水と云って鼻をつまんで我慢していた。何故か食事の頃に来るのが閉口であった。ぽちゃんタイプだったので、ともかく臭い。また、前の人の排泄物を拝めるのがなかなかで、家族以外の人に入られるとこれまた困ったものである。家族だと同じものを食べているものだから、臭いはあるがある程度、我慢できる。でも他人はキツイ。

 

 トイレが洋式になり、ウォシュレットになったのは、成人になってからである。なかなか下水道が整備されなかった。ウォシュレットにすると役所から補助金が出た。勿論、申請をして、補助金を得た。

 

 ウォシュレットにしてからは痔のお世話にならないが、他所のトイレには行けなくなってしまった。今では公共施設もウォシュレット採用されて、とてもいい傾向で、これがますます進めばいいことである。

 

 もう、和式で使用するのは難儀で、足が痺れてしまう。

 

不便になったのかもしれない。

 

では、また・・