読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆでカエル世代の日記

1957~66年の間に生まれた世代です。

学級会は地獄だった

学校 思うこと

 この男教師は学級会の運営についても、なあなあの運営では許されず、きちんとしたみのでなければならない。学級委員も優等生できびきびした動きが求められ、クラスで人気者は排除されていた。

 

 学級会は適当な流していこうと考えではなく、各委員の質疑応答にきっちりしなければならなかった。委員には、学級委員、給食委員、図書委員、保健委員、飼育委員、交通委員などがあるが、学級委員以外はいい加減だった。選挙で決めるのは学級委員のみで、あとは教師に押しつけられるか、自分でなるかであり、選挙では決めない。

 

 クラス全員、委員をやっている。学級会で各委員の質疑応対は時間つぶしのものであったが、男教師よって、ガチな議論と様変わりになった。責める質問者、応答に冷や汗を掻く各委員である。泣き出す委員も出てきた。男教師は許さない。徹底的に議論するが、結論は男教師の決断であった。

 

 では、また・・