読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆでカエル世代の日記

1957~66年の間に生まれた世代です。

23区こき下ろし委員会 千代田区 編

地域

 一発目は千代田区。

 都心3区の千代田区は敷居が高い。下町の神田。山の手であるお屋敷町の麹町、番町もあり、ここだけが?になるけど電気街の秋葉原も千代田区である。アキバは千代田区の異端児だ。

 

 首都、東京をこの千代田区が牛耳っている。エヘンと威張りたい気分だろう。国会、官庁、司法、つまり三権が千代田区にあるのだ。自慢してもおかしくない。がたがたと云わないでも、存在があるのだから、沈黙するだけで、おつりが帰ってくる。

 

 これでいいのだ、千代田区は。金持ち喧嘩せず、足立、葛飾、板橋、練馬区民からの妬みはまったく無視してもかまわない。まさに大人の対応である。特別23区の見本である。

 

 でも、この頃千代田区が下世話になってきた。皇居マラソンが盛んになってからだろうか。元々、地元の千代田区民は人の数は少ないので、ヨソ者のマラソンランナーに媚びを売るようになってきた。マラソンランナーは傲慢だよ。

 

 運動エリート臭が鼻についてきた。もちろん、仕事はパーフェクト、アフタータイムもパーフェクト。健康に気付けているエリートマン。欲張りだよな。パーフェクトを狙いすぎるよ。高いスニーカーを履いて、マラソンをするのはいいことだと思う傲慢さに些か気になってしょうがない。

 

 欲張りエリートが千代田区を席巻している。

 

 では、また・・