読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆでカエル世代の日記

1957~66年の間に生まれた世代です。

人数の表現方法 その2

二人の場合

 実際に前回のワードで一人、二人の場合はあまり云い意味では使われないね、例外として、昔、野球界で代表格は長嶋、王だけども、双璧、両巨頭の言葉は使わず、ON砲と云っていた。二つからの選択でも抵抗があるよ。

一人の場合

 一人は独裁者のイメージが強く、森羅万象から一つをチョイスするのは和を重んじる集団生活では不向きの言葉だろう。なんであれを選んだのっていちゃモンをつけられる。

三人の場合

 3つからの選択だとまあ、いいやと妥協し、少しくらいならOKを出してくれる。だから日本って3つは好きだよね。御三家、3大何々って。選択権が多いのを好むから、4つもいい。四天王だよね。

まとめが難しい

 3は奇数で素数でもある。ちょっとこれはこじつけだよね。筆を止めるよ。この話、どんづまりになってしまった。ワタシには難しかったみたいだ。下手なことに首を突っ込むと収拾がつかなくなってしまう。

 ごめんなさい

 

 では、また・・