読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆでカエル世代の日記

1957~66年の間に生まれた世代です。

暖を取るにはコークスストーブ (小学生 編)

急に寒くなった。

小学生の頃はコークスストーブ

 今は暖房の主流がエアコンだが、小学生の頃はコークスで暖を取っていた。コークスストーブは教室の前で出入口の近くにあった。コークスストーブの欠点はすぐに暖まらない。冷え切った教室では時間が掛かる。

 ストーブの近くにいる児童はストーブをつけて徐々に暖まり、ぬくぬくした気分で充たされるが、やがて給食が済み、五時限目を過ぎるあたりになると、ストーブが灼熱の源になってしまい、顔面は真っ赤、喉は渇き、汗が出る。だが、ストーブから一番距離がある所は今だ寒冷地で、教室内で温暖の差があった。

コークスストーブが真っ赤になって・・

 小学生、高学年になると無精し始め、コークスストーブの暖を取るため、徐々にコークスをストーブに入れる工程をカットして、完全に火がついたら、一気にコークスを入れて、火力、つまり熱力を促進させるのだ。ストーブが真っ赤となり、熱を放つ。冷え切った教室の中で即、暖が取れるのだ。

 高学年になると知恵がつき、児童達はストーブからの距離を置く。灼熱状態の回避するのだ。真っ赤のストーブ被害からうまく逃れている。

 真っ赤になったストーブは授業が終わるとすぐに水を掛けられて、急冷却させられる。徐徐冷却では誰か遅くまでストーブ管理をしなければならないのでこれは不可である。だから、コークスストーブはすぐに壊れやすい体質になってしまう。

 ひとシーズン、コークスストーブが保ったかどうか。ひどいことをしたものだ。

 

読んでいただいてありがとうございました。