ゆでカエル世代の日記

1957~66年の間に生まれた世代です。

HEARTに聞け テレビ番組 回顧

テレビ HEARTに聞け とは

 島田紳助が司会し、まずドキュメンタリーものが流れて、それに出演した人々(若い世代が多い)と島田紳助がトークする。トーク内容の体感温度が熱い。涙もうるっと流れてしまう。

印象深いのは

 ワタシが見たのは、小笠原と題材にしたものだと思う(記憶があやうやになっている)イルカと一緒に泳ぐ青年(当時、現在はいいおっちゃんになっているだろう)の映像が流れ、BGMはジョン・デンバーのアニーズソングだった。イルカと青年一緒に泳ぎ、心も一緒になっている。

ドキュメントそれからトークへ

 映像が流れ、そして、島田紳助と青年のトークが始まる。イルカと一体となった泳ぎについて、司会者島田伸助が熱き心で尋ねる。おしゃべり下手な青年から言葉を引き出す言葉に視聴者は心が打たれる。

もう一つは

 もう一つは引退するプロボクサーの映像。チャンピオンでもなく、戦績はさえずに引退勧告を受けて引退試合をする。試合予想は主人公には不利だ。それでも、戦いを恐れず、戦う。戦っている姿を見つめる母親。判定で勝つ。引退後については映像には流れていない。

トークをしてジ・エンド

 映像が流れて、ボクサーと伸助が語る。戦績結果については不満はあるが、しかし、今は満足していると語るボクサー。引退後については語っていなかったボクサーに暖かいエールを送る司会者。将来に望みがありそうな感じで番組は終わった。

 

 最後まで読んで頂いてありがとうございます。