読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆでカエル世代の日記

1957~66年の間に生まれた世代です。

パンピー、チョコレート牛乳、懐かしいね!!恐怖の脱脂粉乳は懐かしくない!

牛乳は牛乳屋さんから

 ガキ(幼稚園児の頃)の頃は牛乳が欲しかったら(牛乳があまり好きではなかったのでこういうことはあまりなかったよ)牛乳屋さんにわざわざ行って買うか、それとも配達して貰うかどっちかだった。その頃、牛乳屋さんしか牛乳を売っていなかったと思う。

チョコレート牛乳はおいしい

 カーチャンが気を利かせて、チョコレート牛乳を頼んでくれた。毎日配達してくれたと思う。最初の頃は毎日が飲んでいて楽しかったなあ。チョコレートの味が濃く、おいしかった。でも、子供ってすぎに厭きてしまう。

パンピーは最高の味

 今度はパンピーを頼んでくれた。あの頃は100%濃縮オレンジなんてなかったから、これまておいしい。このパンピーは長く続いたと思ったけど、引っ越しでパンピー飲用は中断してしまった。残念だった。

子供が飲むオレンジジュースとは?

 あの頃、子供が飲むオレンジジュースとして、パンピーバヤリース オレンジ(テレビCMにはチンパンジーが出ていたかも)、タケダのプラッシー(なぜか米屋さんで売っていた。その当時、容器が個性的だったな)があげられる。ファンタ オレンジは出回っていなかったなあと記憶している。

恐怖の脱脂粉乳

 話は変わって。

 小学生(低学年)の時は牛乳を飲んでいなかった。脱脂粉乳でこれは不味いモノだった。給食時に出されたので、強制的に飲まなければならない。まあ、この位の不味さは我慢の許容範囲だから、どうってことはなかったが・・。

 味を少し変えれば、少しはガキが飲むだろうと思ったのだろうか。コーヒー味がする粉末ものを給食時に脱脂粉乳へ入れて、かき混ぜて(これがなかなか混ざらないので閉口した)を飲用したが、これまた不味い。

 脱脂粉乳はアルミ製のミルクが入っている容器からお玉のどでかいもので小分けする。小さいボール容器によそって貰い、私達(小学生)はありがたく脱脂粉乳を頂くのだよ。

瓶詰めの脱脂粉乳を飲めよ

 今度は小分け作業が面倒となったのだろう。(衛生面でも、事前に小分けしてあったほうがいい)今度は牛乳瓶に脱脂粉乳が入っている。保存期間は短かったのではないか。これもまた不味かった。

 コリもせずに、コーヒー牛乳として、脱脂粉乳にコーヒーもどきなもの(カフェインの含有はわからない。たぶんカフェインは含有ではないかな?)を入れて、瓶詰めしたものが給食時に配られた。これまたコーヒー牛乳に似て非なるものでこれまた不味かった。

結論

 脱脂粉乳はどうひっくり返っても不味かった。

 

では、また・・