読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆでカエル世代の日記

1957~66年の間に生まれた世代です。

回答書依頼の件 御社の製品って有害化学物質の含有している?

化学

問い合わせの回答は避けられない

 ある日突然、事前連絡もなしに××電子からメールで

 有害化学物質が入っているの?入っていない証拠として分析結果を添付してよ

 と問い合わせが送られてきた。シカトしてもしつこくやって来る。これは困ったと頭を抱え、まずは、その製品に使用している原材料メーカーに今度はこちらがそっくり

 あんたの製品でこんな有害化学物質、入っているの?入っていない証拠として分析結果を添付してよ

 と問い合わせて時間稼ぎをするしかない。

回答はまだかと催促電話が掛かってきた

 返事が来るまでガンガンと催促の電話が掛かってくる。

 ××電子ですけど、メール届いていますよね。回答まだですか?

 ××電子とは直接取引はなく、一次、二次問屋を経ている。えっ、××電子に納めているの!と始めて知り、こちらはただ驚く。××電子は大企業だから、威張っているのだ。こちらは低姿勢で

 原材料メーカーに問い合わせ中です。少々お待ち下さい

 と云ってお茶を濁す。では、こちらも文句を云ってやるかと思うのだか、問い合わせ先は電子メーカーほどの規模ではないが、それなりの原材料メーカー。ちんぴらの会社は相手にしてくれない。じっと我慢するしかない。

原材料メーカーから回答が来た!

 何回も催促の連絡にも耐えて、ようやく原材料メーカーから返事があった。

 返事(回答書)には

 意図的には使用していません。この目的の為の分析は実施していません

 と書いてあった。これって何?とその製品の担当商社マンに聞くと

 問題の有害化学物質は入っていないけど、証拠はないよ

 っていう意味だって。

 そうか、では弊社も回答書と同じ文言で返事すればいいのかと返事したら、

 分析してないじゃないの!

 と××電子から文句をいわれてしまった。

 分析は実施していません

 と頑なに云い続け、××電子は呆れてしまった。今回は逃れられたけれども、いずれ分析しなければならない時が来る。本音は

 これは赤字ですよ。もう、弊社製品を購入しないで!

 と訴えたい。でも、云えないよ。損して得とれだよね・・

では、また・・