読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆでカエル世代の日記

1957~66年の間に生まれた世代です。

小学生 学校へ行くのは集団登校だったよ!

学校

起きたら、歯磨き

 朝、起きるとまずは歯磨き(食事後に歯を磨くようになったのは、ワタシが20代頃かな)。縦磨きでゴシゴシ歯を磨く。朝一回磨くだけでオシマイ。夜、歯を磨く習慣はなかった。テレビがついていて、画面はNHK。今日のおかずは何かな?

 朝はご飯

 パンでは腹持ちがないから、昼前にお腹が空いてしまうから、ご飯だった。シラス、たらこ(生では食べず、焼タラコ)、おかか、大根おろし、海苔(事前のカーチャンが火で炙ってくれた)納豆などあっさりしていたものがおかずになる。干物系、しゃけを焼いてくれたが、焼き魚は毎日出るとは限らない。

集団登校だよ

 ランドセルを背負って、行ってきます!! 集団登校だから、集合場所が黄色い看板が立ってあり、そこで行く。集合場所 ××地区××班と看板に記してある。班単位で登校する。1班の人数は地域によってバラバラでワタシの班は10数名だった。班長は六年生。六年生がいない時は五年生が就任する。班長は黄色の生地に緑字に横断中とかいてあるの旗を持っている。しかし、班長はこの旗を使うことはない。この旗は持ち回りで、班長が交代する時は旗も渡される。

 やんちゃな児童は隊列を作って登校する時、一人だけ飛び出して、班の列をみだす。これを小学校に着くまでやるのだ。ワタシは大人しかったから、行儀良く登校していました。班長にはこれが苦痛になるが、登校拒否にはならなかった。あの頃、登校拒否はなかった。中学校の時は登校拒否をする生徒が一人いたけどね。

 

では、また・・