ゆでカエル世代の日記

1957~66年の間に生まれた世代です。

「朝ごはん」 やっぱ 納豆でしょ!!

今週のお題「朝ごはん」

 毎日厭きもしないで、納豆を食べている。

この季節起きるのはしんどい

 朝、起床する。ご飯はタイマーでセットして炊飯器がベットの中でぬくぬくはしているワタシの耳にアラーム音が入ってくる。ご飯が炊けた香りが部屋の中に溢れている。

まだ、眠いから渋々起きる。この季節(冬)はきつく、ベットから抜け出すのに時間が掛かるのだ。いつものことだが、頭の中で朝食を食べる光景を想像する。

まずはエア朝食

 湯気が立っているお茶碗にはご飯が装っている。小鉢には納豆があり、箸で右に十回まわし、左に十回まわす。これを一セットとして、五セット続ける。右隣には暖かいおみおつけ。具はわかめである。

現実の朝食は

 後は食するだけだ。ここで、イメージトレーニングを止めて、現実世界に戻る。着替えてネクタイ姿で、ご飯を装い、残りのご飯はパックして、冷えたら冷蔵庫に入れ、夕食のご飯とする。

 冷蔵庫からは納豆パックを取り出す。おみおつけは即席みそ汁だ。お湯を沸かして、お湯を注いで、完成。納豆パックの蓋を開けて、箸を握り替えして、ぐるぐると回す。右に二十回、左に二十回、糸が引き始めたら、たれを注入。また、右に十回、左に十回とかき回す。

いただきます!

 ふうふう息を吐き出しながら、まずは口慣らしにおみおつけを飲み、暖かいご飯の上に納豆を落として、それをご飯と混ぜ、食する。朝は気合いが肝心。「うまい」と叫ぶ。胃袋に納得して貰うのだ。

 毎日、こうして納豆を食べている。準備するのは、五分はかからない。らくちん!。厭きると思ったけど、納豆の奥行きの深さだろう、全く厭きないで食べている。

 

では、また・・