ゆでカエル世代の日記

1957~66年の間に生まれた世代です。

挑戦! 目覚ましアラームの音源を変えると? 第1部 編

 目覚まし時計の音源についてはいろいろと試行錯誤し、これで起きるのが楽になったと音源は今でも探している。今まで挑戦とて、挫折した音源の格闘史を書いてみたい。

アナログ時計の音 ベル音


目覚まし時計のベル(効果音)Alarm Clock Ringing Sound Effect

 この音は標準であるが、慣れてくるとなかなか起きるのが辛くなる。音量を上げても、効果がなくなってしまうのだ。そこで次に考えるのはラジオをタイマーにして起床だ。

ラジオ音で起床

 最初は目新しさで起床できる。これも慣れてしまうと起床が難しい。体験したのだか、夢の中でラジオが流れている。うるさいので、スイッチをオフにして消そうとするが夢の中、音が消えない。夢の中で悪戦苦闘している。汗をびっしり掻いて、目覚めはよくなかった。三晩続けて、同じように夢を見てしまい、これは体によくないのではないかと思って断念。

ステレオからクラシック音で起床

 曲はベートーベンの運命にして、起床。確かにすぐに起きる。目覚めは良好。


ベートーベン『運命』交響曲第五番第一楽章

 

クラシックならではないかと曲を穏やかなモーツアルトに挑戦した。


The Best of Mozart

  これはまずかった。音量を上げても起床より二度寝のほうに進んでしまい、これは音源選択のミスだった。

 一度、ダメもとで


新内枝幸太夫 都々逸 三千世界

  都々逸で起床挑戦!。起きるのがバカらしくなり、これも難しい。

激しい音源が適しているのではないかとロックに挑戦!


Eric Clapton - Layla

 確かに起きるが、これが毎日続くかと思うと起きてすぐにハイテンションは辛い。

 クラシック辺りが良いと思った。

 次回に続く

では、また・・