ゆでカエル世代の日記

1957~66年の間に生まれた世代です。

挑戦! 目覚ましアラームの音源を変えると? 第2部  編

 今度はテレビの音声を利用してと思いついて、朝の番組の音声を目覚まし代わりに起床した。音源が微妙に変わり、2、3日は変化があって楽しかったが、何故かわからないけどマンネリ化を感じてしまい、起きるのが面倒になってきた。これはまずいとおもって中止した。

 映像で起床するのは難しく、やはり音声勝負ではないかと原点回帰して、ロックではなく、Jポップではいいのでないかと思った。洋楽は歌詞が英語だったので意味が分からない。毎日聴いても苦にならないのではないかと考えたが、朝気持ちよく、起きるには意味が分かるJポップのほうが適しているのではないかと思い始めた。 挑戦したのは、

 KISSして KOH+

で、女性のボーカルの声で目覚めるりはいいと思い、さらにリズミカルの曲がいいのではないかと思った。結果は良かった。でも、人間、慣れてくると、ダメなものだ。目覚めもすっきりとはいかなくなってしまい、女性ボーカルだからと変に面倒な思考となり、

 では、男性ボーカルは、と思ってしまった。

槇原敬之 - どんなときも。

これも良かった。

 でも、厭きが来てしまうのだ。人間は進化しなければならない生物。マンネリはDNAが嫌うのだ。

 そして、結局、

目覚まし時計 アラーム音

 ごく普通の、普通の音にも取ってしまった。しょうもない、何も変化に富んでいない普通に戻ってしまった。

 

では、また・・