読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆでカエル世代の日記

1957~66年の間に生まれた世代です。

2013年11月21日 ポール・マッカートニー コンサート 東京ドーム 

音楽

ギリギリ、ビートルズ世代から外れているけど 

 その頃、11年振りにポール・マッカートニーが来日。ドームコンサートを開き、ビートルズナンバーが流れて、ビートルズファンも満足なんて報道があった。またこれは最後になるかもなんて騒がれて。

 ビートルズ世代ではないけれども(ボクは小坊でした)下記のブログも見てください。

 

lisbon1248.hatenablog.com

  そんな感じだから、中坊の頃はどっぷりとビートルズを聞き込んでいた。LPは経済的に買えないので、シングル盤を買っていた。中坊・卒業してLPを買った。買ったのはレット・イット・ビーだった。

ボール・マッカトニー コンサート、うーん、高い!

 外タレのコンサートは行ったことがなく、人生最後にビートルズ関連として、ポール・マッカートニーのコンサートでも、一丁奮発して、見に行くべえと思ってダメもとで予約したら、チケットが買えた。えっ、買えるのと驚き、また高いからキャンセルしようかな、しかしビートルズナンバーを聴けるのは最後だからって思案した結果、

 えい、行ってこようと踏ん切ってチケットを買った。配偶者(ビートルズ、洋楽には無関心の方)からは冷たい視線を受けていた・・

東京ドームにGO!

 場所は東京ドーム。野球しか縁がないところ。しばらく行っていなかった。もう、野球見学はないと諦めていた。チケットは高いからね。

 ドーム内からは音が漏れている。なかなか開演にはならなく、ドーム周辺を探訪して時間を潰していた。開演となり、二階席に座る。意外とよーく見える。生のポールも見えるぞと期待した。

満足でした。ニッコリ

 コンサートが始まって、ビートルズ・ナンバーが流れる。ジョン・レノンが作ったと云われている曲は歌っていなかった。当たり前な話だ。そういえばキャロライン・ケネディ大使も見ていた。一瞬、あれ、英国大使だっけと馬鹿な考えが擡げてしまった。観客が総立ちになって、ビートルズ、ウイングスナンバーが流れる。うーん、懐かしいと思った。

 最後に主催者企画(ポールには知られていない)の赤いペンライトを掲げながら、イエスタディが流れる。後日、ポールが感動したとの報道があった。また、後日、スカパーでこのコンサートを放送した。見たけどね。

 コンサートが終わって、お腹一杯、心も一杯。ビートルズって、青春だったなあなんて感傷的な気分になった。生のポールも見納めだな、なんて事を考えながら家路に急いだ。寝床でビートルズの思い出を心の中に仕舞い込み、いい冥土の土産になったと

満足して眠りに着いた。

 

 後日、またポールが来日を知り、あれーっと驚いた。