読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆでカエル世代の日記

1957~66年の間に生まれた世代です。

3月3日はひな祭り・・昔からの女子会だよな 女子は強い!

季節 日常生活

幼稚園でひな祭りお祝いしたなあ!

 兄弟はいたけど、ひな祭りのお祝いはしていたかった。幼稚園の頃、おひな祭りをお祝いしていた記憶が微妙だけどはっきりとした出来事として、脳裏に刻まれている。女子だけが幼稚園の仮説ステージに立って、お遊戯をしていた。ステージの周りにいるしようもない男児は勝手にリズムに合わせて踊っていた。ワタシは口をあんぐり開けて、ただ見ていた。

ひな祭りってただ食べるだけなの?

 ひな祭りって呼ばれて経験はなく、ただ旨い飯食っているんだろうなと妬みだけを持っていた。蛤のお吸い物、ちらし寿司などを大口で食べているんだろうなとひねくれた根性をもって、指をくわえて悔しがった。おひな様を何段あるとかないとかなんて男子にはまったく関係なく、食い物だけしか関心がなかった。

女子会はおしとやか

 幼稚園、小学校の頃のイメージでひな祭りは女子が集まって、ひそひそと日頃男子の前では話せない噂話をしているかのように感じていたが、実際はどうだったかはワカラナイ。女子は弱気モノと勘違いをしていた。おしとやかの言葉に騙されていた。

恐怖のオバチャン、トイレに襲来!

 ある時。高速道路のパーキングで用を足しているとき、ドドッとオバチャン集団が男子トイレに入っていた。驚いた男達を尻目に、トイレに入っていく。オバチャンは

 ここは空いているから、入りましょ

 と腕を回して、オバチャン達を誘導する。オバチャンと目が合うが、オバチャンは何!とガンを飛ばす。小用もおちおちできない。洗面所はハンカチを口にくわえたオバチャンに占拠されて、賑やかな会話が華やいでいる。

オバチャンの話題の主は?

 オバチャンは天下無敵である。電車内でオバチャンはあめ玉を出しながら、べちゃべちゃしゃべっている。このあめ玉、おいしいわよ、どう?って話を前振りしてからは止まらない。あめ玉から話が変化して、某女子(どうやらオバチャンたちの共同の敵らしい)のこき下ろし大会が始まった。やれ、ケチだとか、男にだらしがない、化粧が派手だとか云っているのだが・・じっくり聴いているとどうやら、ワタシが知っている女性(C女史)にキーワードが嵌ってくる。

 アレっと首を傾げて、これはひよっとしたらC女史のことではないかと疑惑が出て来る。C女史って同姓から評判は悪いんだなと驚くが、この話、偶然にしてはあまりにも劇的である。疑っても可笑しくない。途中で電車を降りなければならないとき、このままずっと電車に乗って、真相究明をしたいと思った。

では、また・・