読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆでカエル世代の日記

1957~66年の間に生まれた世代です。

「ミユキ野球教室」って野球の啓蒙番組だったよね!

日曜の朝はミユキ野球教室

 ガキの頃(小学生)、日曜日はちょっと平日よりは寝坊して じゃあ、朝飯でも食べようかと思いながら、テレビを日テレに合わせると「ミユキ野球教室」がやっていた。

♪ミユキ、ミユキ、服地はミユキ♪ 

 が流れる。そして日テレのスポーツのテーマ曲が流れる。「ミユキ野球教室」の番組が始まる。この番組は野球を知らしめるもので、野球版啓蒙番組だったが、技術的なことはまったく覚えていない。その当時 日テレのアナ 越智さんが出演していた画像を思い出す。

 

lisbon1248.hatenablog.com

その頃、野球と言えば・・

 もう、その頃は巨人 大鵬 卵焼き 時代で野球はON砲、なんたって巨人が強かった頃だった。毎夜、対巨人戦のプロ野球中継がテレビから流れて、トーチャンがたまには後楽園球場にでも行くかと言って、見に行った。(巨人戦のチケットもその頃は容易に入手ができたよ)球場はドラやカネなどは鳴り物はなく、静かで7回裏だけ内野席から三三七拍子が聞こえる。試合中の拍手はたびたび起こる。長嶋の守備、王のホームランなどである。悩む予感のかけらもなく、ONの活躍に歓声を上げていた。

 小学校でもまず、朝から昨日の野球のことで話題になる。女子小坊はまったく無視をする。男子小坊って一日野球のことばかりしか話さない。馬鹿じゃないの! そうです。馬鹿です。365日野球を中心とした生活を送っていた。

 野球の啓蒙番組って昔は「ミユキ野球教室」だった。代表的な野球版啓蒙番組は昔も今もこれしかない。野球情報番組はあった。昔で言うと、「プロ野球ニュース」だろう。バライテイ系にも含まれるだろう(迷番組プロ野球珍プレー・好プレー大賞)。

厳しい野球だったよ

 その頃、野球、スポーツ全体だか、水分補給は絶対御法度だった。だから、水分補給するにはうがいをすると言って、少しづつ水を飲むしかなかった。こういう時に鬼軍曹的なアンチャンが出現して、変な正義感でわれわれ(水分の飢えた小坊)をチェックするのだ。口を開けさせて、飲んでいるかどうか調べるのだが、本当にわかっていたのだろうか。そんな知識だから、スポーツ科学的な発想はなく、根性至上主義しかなかった。ウサギ跳びなど練習メニューに取り入れて、ボールを絶対握らせない方針を自信たっぷりに持っていた。別に甲子園を目指していないのだから、野球を楽しめばという考えには至らなかった。詰まらない野球だったのだ。

 では、また・・