読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆでカエル世代の日記

1957~66年の間に生まれた世代です。

卒業式を思い出す。ダブルブッキングしたら、 入社式、卒業式どっちを優先?

 週末になって、ラジオ、テレビなどのスイッチを入れると卒業式の中継があり、ワタシの卒業式を思い出す・・

通学していた電車にて(卒業式の日)

 卒業式の翌日が会社の出社日だったので、完全な卒業式感情にならなく、明日は会社だと頭の中が占有されてしまった。明日は出社日なので春モノのシーツ(これしか持っていなかった)は出社日にまわして、卒業式はベージュ色のブレザーにした。トレンチコートをまとって、電車に乗り、今日で車窓から見える光景が最後となるとふと思い、ワタシの心を暗くした。

 もう、定期は切れているので切符を買い、改札口で駅員に手渡しをして、教室に向かった。9時前に教室へ着けばよかった。時間があったので、学校の周りを歩いていた。涙はなかったが、なんとも云えない感情がこみ上げる。教室に着くと、シーツ姿の友人がいる。感極まっている仲間がハンカチを抑えていた。隣にいた友人がこれを見て、こんな感情にはなれないんだよ と悲しげな顔をしていた。ワタシは何も言えずに黙っていた。

 卒業式場はここから歩いて三十分の距離にある。タクシーを二台で行こうと友人が言い、タクシーを停めて、タクシーのに乗り込んだ。友人がタクシー代を出してくれた。式場の入口には卒業式と書かれた横書きの墨字の看板が掲げられてあった。学ランを着ている、たぶん応援団員が式場案内をして、ワタシ達は席に座り、卒業式が始まる。

 本当は今日、入社式だったが、総務部長にそのことを言うと、卒業式に出席しなさいと言われて今、ここにいる。入社式に出た方が今後のことを考えてよかったのではと思ったこともしばしばあった。仲が良かった友人から、明日、最後に会わないかと誘われたが、明日は会社だよ と言って断った。その友人とは卒業式から会っていない。

卒業式、入社式 どっちに出るか?

 卒業式の前のある日、親から入社式を優先にしたらと言われ、ワタシは黙っていた。親から言われて、それを契機で卒業式に出ることができた。親の言葉で逆に吹っ切れたのだった。卒業式を優先した同期はワタシ以外、後で知ったのだが誰もいなかった。入社式を出席しなかった一日だけ、給料日の時、引かれていたことを知る。ただそれだけだった。

結局、自分で決めるしかないよ

 卒業式が面倒だったら、入社式に出ればいい。友達と会いたければ、卒業式にでればいい。会社はその選択なんかどうでもいいものなのだ。たいしたものではない。

 

 では、また・・