ゆでカエル世代の日記

1957~66年の間に生まれた世代です。

パンと一緒に食べるの? 小坊、試練の給食タイム

給食センター製造品は本当にまずかった

 小学校から給食時代に突入したが、おいしい時代は期間として1年間くらいしかなかった。短い時間だったが、まあ、しようがないと諦めている。おいしい時代になるのは学校で調理だった。暗くまずい時代は給食センター、大量生産で調理された給食だった。市内の給食センターは三カ所あり、ワタシがお世話になったのは、市内で一番まずい評判の給食センターだった。主食がパンのみ二枚であった。パンに合うおかずを作らなければならないのだが、その頃、味より栄養面重視だったので、この組み合わせは?なものが結構出くわした。

おでんとパン

 おかずとして、印象深いのはまず、トップバッターとしておでんである。つみれ、ばくだん(ゆで卵)などはなく、ちくわぶ、はんぺん、なるとなど安い練り物が多かった。昆布巻きはあった。これらをパンの上にのせて食べる。和洋折衷であるが、うまくない。まずいのである。これにいちごジャム、マーガリンが加わるとうーん、微妙な味がする。

鯨の竜田揚げとパン

 また鯨の竜田揚げとパンの組み合わせも渋い味を出してくれる。マーガリンの油分と鯨の味が交ざり、これはいけないと思って、口直しで牛乳を飲むのだか、これまた、悪循環を起こすのだ。鯨はその頃、安価な動物性タンパク質で、給食ではおなじみの食材であった。

ひじきの煮物とパン

 一番強烈な組み合わせはひじきの煮物とパンだった。煮物がパサパサでパンもパサパサ、パサパサ同士だから、あんばいがいいだろうと思ったら、これがまずかった。ひじきの煮物とご飯の相性はいい。しかし、パンとマーマレイド・ジャムとひじきの煮物、悩みの多いトライアングルの組み合わせである。これに牛乳を加えると、これはもう闇鍋の世界である。苦行、苦悩の給食タイムとなる。残すことは絶対にないから、噛むより強引に飲み込んでともかく完食しなければならなかった。センセイは給食を残している不逞の輩はいないかと教室を見張っている。

パンが問題だった

 全て、ご飯だったら、問題はなかったのだ。しかし、パンを小坊に食わせたい為なら、もう少しどうにかならなかったか、今思うのだか・・。コッペパン、揚げパンなどは出ないで、二枚のトーストタイプのパンだけだった。きゅうりのぶつ切りが二個、それにマヨネーズなんてものもあった。オレは虫じゃねえよと訴えたかった。パンに挟んで、中身はぶつ切りのきゅうりその上にマヨネーズをかけて、サンドウィッチで食べて、牛乳を飲むなんてなかなかの珍味であった。

では、また・・