ゆでカエル世代の日記

1957~66年の間に生まれた世代です。

暮らしのなかのニセ科学  を読んで。 簡単に騙されてしまったよ!

サプリメント、効かないよ

 ワタシは一時、正直もので小心者の塊の持ち主のせいかサプリメントはすっかり信用してしまった。一度、目がしばしばしてしまい(実は老眼のせいである)これは眼力が衰えたと思って、ブルーベリーの錠剤(1粒にブルーベリーが何mg含有しているか、定かではない)を一袋買った(たぶん、一ヶ月分だろう)ので、続けたが、正直言ってまったく効果はなかった。残念でした。目医者に一度、ブルーベリーの効果を尋ねたことがある。首を傾げて、笑っていたのを思い出す。

薦められても、なあ

 そして、ブルーベリー騒動が終わった。

 サプリメントが大好きな知人がいて、ワタシが体の不調を訴えると、次の日には、机の上にサプリメントが置いてあった。一日くらいしか飲まなかった。一日くらいは義理で飲んだのだが・・。

 その知人、あまり、体調が良いとは云えず、やれ、血圧が高くなった、糖が出るとか、よく言っていた。これでは、ワタシにサプリメントを薦めても説得力がない。

マイナスイオンって何

 マイナスイオンが流行したとき、陰イオンがどうしたのか?と思い違いをして、滝からマイナスイオンが発生し、それを浴びると健康に良いと聞いて、へえー、そうなんだとすっかり信用してしまった。

 今、家にはもう使っていないマイナスイオン関連の家電製品が押し入れの奥にあるはずだ。断捨離の時、整理しようと思ってはいる。

食品添加物って必要なもの

 昔、先輩から食品添加物って悪く言うけど、考えて欲しい。食中毒についての恐怖のことを。食品添加物によって、食品が持つようになった。そんな先輩の言葉をこの本を読んで思い出した。

一応、理系なんだけど・・

 でも、この本を読んだら、確かに納得する。ワタシはなんちゃって化学の授業料を払って、勉強したのだ。なのに、この本を読んで、学んだことが身についていないと愕然となってしまった。結論的に言って、体にいいものって、口から取るのがベストなんだけど、食べて身につく量ってたかが知れているから、サプリメントってなってしまう。でも・・。

 本当に効果があるのかもう一度、一からしっかりと出直したいと思う。

では、また・・