ゆでカエル世代の日記

1957~66年の間に生まれた世代です。

健康情報は迷ってしまう?

腹巻き復活!

 ラジオを寝ながら聴いていて、うとうと目をしているとき、ふと目が開く。スピーカーから、医師が話している。体を冷やしてはいけない。一年中、腹巻きで腹部を冷やさないことを推奨すると言っていた。驚いてしまった。ワタシが二十歳の頃だったと思う。毎日、腹巻きは腹自身の力を弱めるので、腹巻きをしている人は徐々に取って、最後にはもう腹巻きのお世話にならないようにしなければならないってテレビかラジオあたりで聴いたことを覚えている。トーチャンは一日、腹巻きを夏でも巻いていたが、腹の力を強くするため、腹巻きから脱出したのだ。ガキの頃のワタシも寝るときに腹巻きを巻いていたが、止めた。

 いったい、どっちが正しいのか、わからない。たぶん、腹巻き保持説が正しいと思う。

卵も復活?

 また、卵、コルステロール犯人説がある。これは有名で、ワタシはつい最近まで、コルステロールの値が高い、卵をストップしなければと思っていた。

 健康診断でコルステロール値がちょっと高いと結果が出ると、もう、卵料理をサヨナラになってしまう。クスリを飲むほどではないが、生卵で暖かいご飯は食べなくなってしまった。外食などでけっこう卵料理を食べてしまうからだ。家でも、卵が入っている料理は多いので、生卵を食べるなんてと配偶者に言われてしまう。

 でも、この頃は卵はバランスの取れた食品だなんて言っていた。お医者さんに尋ねると、あなたの場合は生卵GOサインを出したら、朝、昼、晩 と三度食べるでしょ。だから、止めた方がいいです、と言われてしまった。信用ないんだよなあ、オレって!

昔って水分補給はNGだった。馬鹿みたい

 これはもう有名な話。こんな暑い日でも、クラブ活動の時、水分補給は練習後にしろって口うるさい先輩達が言い、では、こちらはうがい(実際は少量飲んでいた)で誤魔化す、なんてやっていた。無茶なことをしていたもんだ。水分を取るとへばる、って誰が言ったのだろうか。とんでもないでっちあげの話だった。今はともかく、熱中症防止のため、何はなくて水分補給だもんね。水を飲みすぎて、腹壊すなんてことはあった。そのせいかも知れないけど(かなり無理がある)、冷え性の人は暖かいものを飲みなさいを言っている。

 冷え性ではないけれど、暖かいお茶を飲んで、汗びっしり掻いている。これって、健康にはいいのだろうか。

どっちがいいのか、わからない

 温めのお風呂で半身浴がいいと言っているが、半身浴は冬の時は風邪を引くから良くないって、週刊誌の記事があった。また、ラジオ体操も膝を痛めるなんて記事もあった。悩んでしまう。どっちが健康か

では、また・・