ゆでカエル世代の日記

1957~66年の間に生まれた世代です。

不倫ってまわりは被害甚大、迷惑だよ!

 不倫、不倫って騒いでいるが、実際に不倫している人と遭遇したことについて、書いてみたい。

見境なく、異性の若者が大好き女性

 学生の頃、年上で妙齢の女性がいて、これが若いツバメを凋落することが生き甲斐を感じてしまった、これは病気と言っていいお方だった。熱心にモーションをかけては、若者を征服する。一度、手に入れると、興味がなくなり、ポイっと捨てるのだ。まあ、相手の若者もそこら辺りは心得ているので、心の傷は残らない。

 このお方、街中で若い男と腕を組みたがり、それを目にする周りの人々の冷たい視線に快感を覚えるらしい。どう見ても、年のバランスに欠けて、露骨に嫌な顔で睨まれる。それが堪らないのだ。偶然にいた時(この女性とはまったく関係がない、単なる同席者)に、酔っぱらいにしつこく絡まれて、苦労する。絡む酔っぱらいの気持ちは充分わかるよ。

人の持ち物が好きな女性

 男好きなルックスで、所帯持ちに接近する魔性の女性。この女性にウィンクでもされると、堅物と言われた男もイチコロで、あっと言う間に、社内の噂になってしまい、慌てて、上司が男を呼び出して、内々に火消しをしようとするが、男の方がますます、禁断の愛と勘違いをして、進んでしまう。でも、魔性の女性はここら辺で、突然、目が覚めてしまい、男をくずかごに捨てるのだ。たまに、男(上司)と魔性の女性に挟まれた部下は悲劇である。痴話げんかの仲裁を上司から頼まれることもしばしば。上司命令だから、断れきれない。でも、破局後はお互いから、恨まれ、左遷人事でどっかに飛ばされる。

 魔性の女性は犠牲者リストは簡単にできるほどの歴々の女戦士。会社の風紀委員でも手に出せない闇のお局様。一目置かれる怖ーい女性。

上半身に人格無し、男性(先輩・上司)

 妻子がいるけど、まだまだ恋愛をしたくて、したくて、近場で獲得しようとする。だから、周りは迷惑で、パート勤務の女性を筆頭に、ともかく女性従業員に甘い言葉を持ち掛ける。交際期間は一ヶ月満たない時もある。誰か異性がいないと、だめらしい。こういう先輩を持つと、アリバイ工作のため、自分の名前を使われて、本当に困ってしまった。先輩の家は出入り禁止。

 こういう先輩、出世はイマイチ。仕事はできるけど、小指を差し出して、あいつは・・と言われてしまい、いつも、次回検討人事となるのだ。

 先輩なら、まだいい。上司の場合だとこれが厄介。この上司、勤務先の電話番号を教える癖があり、たまに、上司の代わりに電話口で出てしまい、待ち合わせの場所の伝言を頼まれるなど、困惑してしまう。伝言メモを上司の机に書いて置くが、なぜか、上司の奥さんの耳に入り、奥さんから直接、電話にて事情聴取されるなど、共犯者扱いを受ける羽目に・・。

まとめ

 不倫していることには非難しない。ただし、まわり迷惑だけは掛けないで欲しい。